ペニス増大サプリに含まれる香料とは?役割と成分の種類

ペニス増大サプリに含まれている食品添加物の種類

ペニス増大サプリに多く含まれている食品添加物と言えば、ペニスを大きくさせるためには一番効果が高いと断定しても過言ではないほど、「シトルリン」という成分が最適です。シトルリンにはペニスに二酸化窒素を送り込む性質があるため、ペニスに直接二酸化窒素を送り込むことによって増大の効果を高めることができます。現在では様々なペニス増大サプリが存在していますが、基本的にはシトルリンが含有されているペニス増大サプリがほとんどと言ってもよいでしょう。その他の食品添加物を挙げるとするなら、ペニスのみならず身体の血流を増大させる働きが高い「アルギニン」や「マカ」も有効です。さらに、多量の精子を生産する助けをしてくれる「亜鉛」が含まれているサプリが多く含まれています。
このようにペニス増大サプリには有効な成分が多く含まれていますが、食品添加物は身体に良いと聞くと大量に摂取しようとする人がまれにいます。しかし食品添加物の種類によっては身体を壊す恐れもあるので注意が必要です。

ヨヒンベと呼ばれる媚薬効果のある香料

ペニス増大サプリには、媚薬効果がある香料が含まれている場合があります。栄養補助食品としてサプリメントなどによく使われている香料と言えば「ヨヒンベ」です。
ヨヒンベとは西アフリカ産の植物に多く含まれている物質のことで、古くから男性向けの催淫剤として利用されてきた歴史があります。媚薬効果が非常に高く、服用すると最初は吐き気をもよおし、続いて体の力が抜けて陶酔状態に陥り、時には幻覚症状を伴う危険性もあるとされています。このように聞くと大変危険な香料であると考えてしまいますが、引き起こしやすい症状を緩和させるために、ヨヒンベと一緒に「アスコルビン酸」と言う食品添加物を1,000mg加えるといいそうです。実際に香料の役割でペニス増大サプリに含まれている商品も存在しているので、一定の量を守れば危険性は薄いといえるでしょう。ペニスの大きさを変えるために飲むサプリなのに、媚薬効果のあるヨヒンベまで摂取できるのはとてもお得な気がします。

まとめ

ペニスにまつわる悩みを抱えている男性は意外と多く、様々な方法でサイズアップをはかろうと躍起になっている方もいるでしょう。中には高額な器具に手を出し後悔する方や、何をしたらいいかわからずに放置してしまう方もいます。そんな人の為に開発されたのが「ペニス増大サプリ」ですが、実際に服用して効果を実感できた人はまだまだ少ないように感じます。
サプリメントは健康食品の一種なので、すぐに効果が期待できるものではありません。長期間服用することを習慣にし、根気よく続けることが改善への近道です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です