我が家のシステム収納に聖書があるというのは新鮮です。

ご近所に聖職者?が引っ越してきました。
欧米人の二人組なのですが、キリスト教の布教活動を行っているそうです。
とてもフレンドリーなお二人で、毎朝、細いタイヤの自転車でどこかへ出かけて行くのですが、
自転車にまたがり笑顔で交わされる挨拶が爽やかです。
今度の週末に自宅でパーティーをするのでぜひと誘って下さいました。
郷に入っては、という訳ではないのですが、少し知識を入れて行こうと思い立ち、
現在我が家のシステム収納のマンガコーナーの横には聖書が鎮座しています。

古物市場で見かけた聖書は皮張りで美しい装丁でした

先日古物市場で装丁の美しい聖書の古書を見ました。
聖書と言えば、ビジネスホテルなんかに泊まると、
引き出しの中に必ず聖書が入っているのはご存知でしょうか。
仕事や旅行でビジネスホテルに宿泊する機会が多く、
いつの頃からか必ずといっていいほど聖書があるという事に気づいてからは、
どこに泊まってもまず引き出しの中を見るクセが付いてしまいました。
あの聖書はギデオン教会という所が配布しているそうです。
そう考えると、ギデオン教会の聖書普及率はすごいですね。

賃貸は吉祥寺のお店でなくてもOKです

敬虔なクリスチャンである職場の同僚から賃貸を吉祥寺に探したいのだけど、
いい不動産屋さんを知らない?を聞かれたんです。
彼女にはいろいろお世話になっているので良いところを紹介したいな、
と考えてみたら、友人が吉祥寺の某不動産会社に勤めていることを思い出したんです。
早速連絡してみたら「いい物件いっぱい持っているから是非相談して!」との答え、
頼もしい答えに安心して紹介できますね。
ちなみに大手なら都内全域の物件を扱っているとのことです。

ガス給湯器を教会へ寄付

どこの地域にも寺社仏閣、教会をいくつか見かけると思いますが、
運営はどうしていると思いますか?
日本の場合はどの宗教団体も運営はほぼ寄付で賄われていると言われています。
キリスト教の場合毎週日曜日の礼拝時に金額は任意で席上献金を出すことになっています。
他にも教会に必要な製品なども寄付されることがあります。
先日はガス給湯器が寄付されたと教会関係の方がおっしゃっていました。
聖書には「献金」という言葉で登場します。

もめる前に交通事故には弁護士を。

私の友人の話になるのですが、友人が交通事故に遭い、加害者の方ともめたそうです。
なかなか話が進展しないので、「交通事故」「弁護士」でネットで調べ、
交通事故に強い弁護士を挟むと、スムーズに話が進んだそうですよ。
車で思い出しましたが、日本三大祭り「祇園祭」で山鉾(やまぼこ)巡行(山車)というのが行われます。
その前懸(まえかけ)に使われている16世紀ベルギー製のタペストリーには、
旧約聖書の創世記24章に記されている「イサクの結婚」の物語が描かれているのです!
日本のお祭りに聖書の世界がとうじょうするというのは凄いですよね。

ピアノ教室は八王子の教会近くで決定

敬虔なクリスチャンである友人の子供が洗礼を受けると聞きました。
友人家族は八王子に住んでいますが、
車ですぐなのでお祝いを兼ねて日曜日に遊びに行ってきました。
親の信仰に基づき、乳児に授けられる幼児洗礼とのことで、
聖水を頭にかけるんですね。
当日は両親がとても緊張したらしく(笑)。
滞りなく無事に終わってよかったです。
お祝いのお返しにアーモンドと松の実のドラジェをいただきました。
娘さんにはピアノを習わせることにしたそうで、
ピアノ教室は八王子の教会の近くで決めたそうです。

井之頭病院で話したことは

先日、井之頭病院へお見舞いに出かけたのですが、
その時に「隣のベッドの方が聖書を読んでいるのだけど、
聖書に何が書かれているのか簡単に教えて」と言われまして。
聖書は大きくわけて「旧約聖書」と「新約聖書」の2種類になるのですが、
約という字は約束などのことと思っていただいて良いかと思います。
古い約束と新しい約束が書かれた本ということです。
旧約聖書には救世主の訪れが、新約聖書には救世主の再来を
約束されているということです。